おしりに使うスクラブでおすすめは?正しい使用方法もご紹介!

おしりに使うスクラブでおすすめは?正しい使用方法もご紹介!

スクラブの役割とは

スクラブは不要になった古い角質を取り除き、ツルツルすべすべの肌に導きます。古い角質は通常、肌のターンオーバーとともに垢となってはがれ落ちるものですが、加齢や肌への刺激によりターンオーバーの周期が乱れると、はがれ落ちずに肌にとどまり、黒ずみやごわつきといった肌トラブルのもとになります。定期的にスクラブを使うことで、古い角質が溜まらない状態をキープでき、ターンオーバーを正常に近づけていく効果にも期待できるのです。

スクラブにはクルミの殻やモモの種、塩などの細かい粒子が含まれ、物理的に角質を削り取ります。ジェルやクリーム、洗顔フォームなど形状はさまざま。ここでは代表的な2種類のスクラブをご紹介します。

ソルトスクラブ

塩由来のスクラブで、肌を引き締める効果にも期待できます。頑固な皮脂汚れを取り除くため、おしりニキビに悩んでいる方にもぴったりです。

クレイスクラブ

泥成分配合で、汚れを吸着するとともに黒ずみをケア。下着の締め付けなどによる色素沈着のあるおしりに適しています。

おしりに使用するおすすめのスクラブ

ハウス オブ ローゼ「Oh!Baby ボディ スムーザー N」

温泉に含まれている成分から作られた3種類のスクラブ入り。独自の生産方法により、理想的な粒の固さとペーストの粘度を出しています。37度前後の温度で柔らかくなり、肌にやさしい使い心地です。

ペリカン石鹸「恋するおしり ヒップケアソープ」

おしりの黒ずみ、ザラつき、ブツブツのために開発された、おしり専用のソープ。ピーチとこんにゃくの2種のスクラブを配合しています。6種の美容保湿エッセンスも配合され、すべすべ感をアップ。

スクラブの正しい使用方法

詳しい使用方法は商品によって異なるため、パッケージや説明書をきちんと読んでから使い始めるようにしましょう。どんな商品にも共通しているのは、こすり過ぎは厳禁ということ。肌を傷つけてしまう可能性があります。
充分に濡れた肌に使用し、黒ずみやごわつきが気になるおしりや太ももに、円を描くようにやさしくすべらせるようにしましょう。使用頻度が高すぎても肌トラブルの原因になるため、週に1、2回にとどめてください。

まとめ

スクラブと似たような役割を持つピーリングやゴマージュといったカテゴリーのコスメもあります。ピーリングは酸で古い角質を柔らかくすることで、はがれ落ちやすくするもの。
ゴマージュは植物性の天然粒子で古い角質を削り取るもの。どちらもスクラブに比べるとやさしく穏やかな作用なので、顔に使われるのが主流です。摩擦により特に角質が厚くなっているおしりには、スクラブの使用が適しているでしょう。