ジムでヒップアップするには!オススメの器具や使い方は?

ジムでヒップアップするには!オススメの器具や使い方は?

ヒップアップに効くジムの器具

レッグプレス

シートに座ってフットプレートに足を乗せ、屈伸運動で負荷を与えるレッグプレス。下半身の筋力強化に効果的なマシンで、おしりにある大臀筋と太もも裏のハムストリングスを鍛えることができます。

下半身はもともと筋肉量が多い部位なので、レッグプレスで下半身の筋肉を効率よく鍛えれば基礎代謝の向上にも効果があり、脂肪燃焼率が高まるでしょう。

マルチヒップエクステンション

立ったままの状態で片脚をクッション部分にかけ、脚で動かすマルチヒップエクステンション。ヒップアップの要となる大臀筋と中臀筋を簡単な動作で鍛えることができます。
太もも裏にクッションをセットすれば、太ももの外側や裏側など、メリハリのあるヒップラインを作るために必要な部位をピンポイントで細かく鍛えることもできる機具です。

アブダクター

シートに座り、負荷がかかった状態で太ももを開閉するアブダクターは、日常生活では鍛えにくいおしり横の中臀筋や太ももの外側を鍛えることができます。
この筋肉が鍛えられると体のバランスが安定しやすくなるため、有酸素運動を行った時の脂肪燃焼効果がアップするといううれしい効果も。

ジムでトレーニングするメリットとデメリット

メリット

ジムには、自宅には到底設置できないような大きな器具やマシンがあり、本格的な筋力トレーニングが行えることが最大のメリットです。

気になる部位や気分に合わせながら、楽しく体を鍛えられます。トレーナーに正しいフォームや効果が高まるトレーニングのアドバイスをもらえるのも、自己流で鍛えるよりも効果が出やすいポイント。また、自宅で行うよりも集中して鍛えられる点も魅力です。

デメリット

ジムに通うためには、入会金や使用料金などの費用がかかります。費用相場は、月額5,000~10,000円。通うための時間を割く必要もあるので、お金と時間に余裕のある方でなければ続けられないでしょう。
また、ジムによっては使いたいマシンがない、利用者が多すぎて使えないなど、思うように利用できないケースもあるので、ジム選びに気を付けなければなりません。

まとめ

複数のマシンを使って、本格的な筋力トレーニングが行えるジム。楽しく効果的に体を鍛えられる反面、費用面とジム選びの難しさという課題もあります。失敗のリスクを防ぐためには、ジムの見学や体験を利用してから入会するようにしましょう。

ジムに通う時間や費用面で悩む方には、自宅で手軽にEMSによる筋肉運動やキャビテーションによる脂肪のスリミングができる、家庭用キャビテーションマシンをオススメします。