歩き方でおしりは変わる!?理想のおしりを手に入れよう

歩き方でおしりは変わる!?理想のおしりを手に入れよう

おしりを鍛えることができる歩き方

ウォーキングがヒップアップに効果的だという話を聞いたことがある人は多いでしょう。しかし、ただ歩くだけではおしりをキレイに引き締めるための筋肉を鍛えることができません。おしりを鍛えるためには、自分がどこの筋肉を使っているのかを意識しながら歩くことがポイントです。

何も意識せずに歩いている時には、多くの人は太ももの外側にある筋肉を使っています。この歩き方だと、おしりの筋肉はゆるんで衰えてしまい、そればかりか外側の筋肉に引っ張られてO脚になりやすくなってしまうのです。
おしりを鍛えられない上に脚の形まで悪くなるなんて、逆効果としかいいようがありません。しっかりとおしりを鍛えられるのは、太ももの内側にある内転筋を意識して、ここに力を入れながら歩くこと。太ももの内側をぶつけるようにして歩くのがコツです。

歩く時の注意点

姿勢良く歩く

姿勢が悪い歩き方では、そもそものウォーキングの運動効果が減少してしまいます。猫背やヒザが曲がった歩き方にならないよう、姿勢を正し、まっすぐ前を見ながら歩くようにしましょう。筋肉を意識することに慣れたら、大また&早歩きを心がけると効率がアップします。

無理に腕を振らない

ウォーキングといえば、腕を振るのがいいフォームだと思っている人が多いのではないでしょうか。腕を振ると元気に運動をしている気分になれますが、おしりを鍛えたい時には無理に腕を振るのはやめましょう。腕に意識がいってしまって、太ももの筋肉への注意がおろそかになってしまうからです。腕は自然に振る程度で良く、振らなくても問題はありません。

目標消化よりも歩き方を意識する

キレイなおしりのために筋肉を鍛えようとすれば、「1日に30分歩く」、「1日に1km歩く」といった計画を立てて結果を出そうするでしょう。目標を立ててそれをクリアすることは、やる気を継続するためには大切なことです。しかし、そのせいで逆に目標を消化するためだけの運動になってしまうことがあります。目標を歩ききることを意識するあまり、筋肉の動きを無視してしまっては元も子もありません。

まとめ

理想のおしりを手に入れるためには、普通のウォーキング+αの意識が必要です。目標をクリアすることよりも正しい姿勢で必要な筋肉を動かし続けることを重視しましょう。もちろん歩くだけではなく、食事の工夫も大切。野菜をはじめ、筋肉づくりに役立つタンパク質を多く含んだバランスのいい食事を心がけ、運動面と食事面の両方を充実させましょう。