キャビテーションは顔にも使える?

cav15

部分痩せしたいパーツといえば、ウエストやお尻、太もも、ふくらはぎ、二の腕といった目立ちやすいパーツ、脂肪が溜まりやすいパーツが挙がるでしょう。
もうひとつ、「顔痩せしたい!」という方も多いのではないでしょうか。

痩せたい部分にピンポイントでアプローチできるとして人気の高いキャビテーションですが、エステサロンによっては顔に施術できるところもあります。

顔にキャビテーションマシンを使用するときの注意点

不快感があることも

エステサロンで顔にキャビテーションを使用する場合、体に比べると顔は脂肪が少ないため、施術時間は長くても20分程度にとどめているところが多いようです。

この脂肪の薄さは超音波が骨に伝わりやすいことにもつながり、ピリピリ感や「キーン」という音が気になることも。
施術時間の短さと、不快感を覚えるケースがあるということを知った上で受けたほうがいいでしょう。

家庭用キャビテーションは顔への使用NG

近年、家庭用のキャビテーションマシンで顔にも使用できるタイプが登場しています。が、キャビテーション機能自体は顔には使用できないのでご注意を。
マシンに搭載されたキャビテーション意外のEMSやラジオ波などの機能を使うのがフェイシャルモードです。

この2つだけでも表情筋が鍛えられ、顔のむくみが改善するので十分に小顔効果が得られるはず。また、顔の肌はデリケートなので、使用は週2回までにとどめるようにしましょう。

顔にケガをしてしまった場合、保険は下りる?

エステサロンの中にはフェイシャルコースにキャビテーションを導入しているところがあります。顔は一般的にキャビテーションを行うウエストやヒップなどよりもはるかに脂肪が薄いため、サロンでは顔専用のマシンを使用したり、ボディと共通のマシンだとしても顔専用のヘッドや顔に適した出力を使用したりするので、顔にケガをするようなことはまずないといえるでしょう。唯一考えられるのは、担当するエステティシャンがヘッドや出力の設定を間違えるケースですが、そのせいでヤケドなどのケガが生じてしまった時には、大手で体制がしっかりしているサロンなら保険が支払われる可能性があるかもしれません。もしエステティシャンに非がなく、一般的にはケガをすることがない出力なのに、体質に合わなくてアザができてしまったようなケースでは、保険の適用は厳しいといえます。

エステティシャンの失敗がないからか、ケガが生じたケースがないからか、はたまたケガがあっても保険が下りないのか、いずれにしても、これまでに「キャビテーションによってケガが生じたために保険が支払われた」という事実は確認されていません。

また、前述したように、家庭用キャビテーションマシンの場合は、ほとんどの機種が顔へ使用できないものです。顔への使用が禁じられている機種を万が一、顔に使用してケガを負った場合、メーカーに苦情を上げても使い方を誤った本人に非があるということになり、対応してくれることはあり得ません。もちろん、保険の適用もできないでしょう。

キャビテーションのしくみと顔への効果

美容クリニックで使用されるキャビテーションマシンの場合、威力が強いこともあり、照射できるのは体のみのところがほとんどですが、エステサロンの中には顔に使用できるよう、小さいヘッドを装着できるキャビテーションマシンを導入しているところがあります。
そのしくみは体と同様に、超音波を用いて脂肪細胞を溶かし、老廃物として流すというもの。脂肪細胞の数自体を減らすため、リバウンドしにくいのが特徴です。

キャビテーションの顔への効果は、フェイスラインのたるみや二重アゴ、頬についた脂肪などをすっきりさせること。
さらに、新陳代謝がアップして血色が良くなり、リフティングにも期待できます。

家庭用キャビテーションマシンの顔への効果

家庭用キャビテーションマシンの中で、種類は少ないですが、顔に使用できるモードを搭載したものがあります。代表的な機種である「キャビスパRF」の場合、顔用の「フェイスモード」を搭載。肌を温めて血行を促し、代謝をアップさせるラジオ波と、電気信号で表情筋を鍛え、リフトアップさせるEMSの機能で、顔痩せを目指すことができます。顔には必ず「フェイスモード」を使用することと、熱過ぎるように感じたらレベルを下げることに注意しましょう。

「キャビスパRF」の「フェイスモード」の口コミ

年齢とともに顔の下半分のお肉がたるみ、しもぶくれ状態に。「キャビスパRF」を使用してからは、あごのたるみがなくなり、ほうれい線も薄くなってきました!

体にはキャビテーションができて、顔のたるみケアもできるので、「キャビスパRF」を選びました。ただの顔用EMSはもっと安く購入できますが、少し予算をプラスしてこれだけ多機能なのはいいと思います。フェイスラインがすっきりして、友だちにも気づかれるようになりました!

まとめ

このように顔に対しても効果のあるキャビテーションですが、顔への施術を行うサロンは非常に少ないという現実があります。
体への効果の高さから「顔にもキャビテーションしたい!」と考える方が多いですが、実は顔にはほかの施術のほうが効果的だと考えるサロンが多いからなのです。

表情筋のたるみが気になる方にはEMS、むくみ解消や顔痩せにはラジオ波など、悩みに応じたケアができるのがエステのいいところ。
キャビテーションは脂肪が厚いパーツにこそ適した施術なので、キャビテーションにこだわらず、顔の悩みに合った施術を受けるようにしましょう。