落としにくい筋肉太りは、キャビテーションですっきり解消!!

落としにくい筋肉太りは、キャビテーションですっきり解消!!

筋肉太りは痩せにくい?

学生時代に運動をしていた人や、以前、スポーツで体を動かす習慣があったけれどやめてしまったという人の中には、「腕や脚にしっかり筋肉がついていて細くならない……」と嘆いている人も多いのではないでしょうか。このような筋肉太りは、水分の摂りすぎやむくみによって起こる水太りや、柔らかい脂肪がついた太り方よりも痩せにくいといわれています。

ムキムキとした筋肉であるアウターマッスルは、筋トレや激しいスポーツなどの無酸素運動で鍛えられるもの。筋肉は主に糖質をエネルギー源としているため、運動をやめて消費される糖質の量が減ると、余った糖質が脂肪となり、筋肉の間に脂肪がつきやすくなるのです。言ってみれば霜降りの肉のように、筋肉の間に脂肪が複雑に入り込んでいる状態。食事制限によるダイエットや自己流のマッサージなどでは、脂肪だけを落とすのはなかなか難しいのが現状です。

家庭用キャビテーションの効果を高める運動や食事は?

適度な運動

エステサロンでキャビテーションを行う時には、キャビテーションの効果を高めるために、脂肪の代謝を促すリンパマッサージや脂肪を燃焼させるEMSを組み合わせることが多く見られます。このうちEMSは電気の刺激で横になったまま筋肉運動ができるというもの。筋肉を動かすことがいかにキャビテーションの効果を高めるかがわかります。
また、エステティシャンからのアドバイスで、キャビテーション後にはウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を勧められるケースも。有酸素運動でも脂肪が燃焼できるため、キャビテーションの効果アップのためには有効です。特に筋肉太りが気になる方は、筋トレのような無酸素運動よりも、筋肉を太らせずに脂肪を燃焼できる有酸素運動の方が適しているといえるでしょう。

家庭用キャビテーションマシンを使う場合にも、ポイントはエステと変わりません。キャビテーション後にはリンパマッサージと有酸素運動を行うようにして、より効果アップを狙いましょう。

野菜やくだもの中心の食事

キャビテーション後には急激に脂肪が減るため、体が飢餓状態になり、通常時より食事からカロリーを吸収しやすくなります。食事をとるのは施術から2時間以上空けるようにしましょう。キャビテーション前後は消化に時間がかからない野菜やくだものを中心としたメニューがおすすめです。溶けた脂肪や老廃物を排出しやすくするために、水分補給もお忘れなく。

家庭用キャビテーションの効果が薄くなる運動や食事は?

運動を怠ける、または過度な運動

キャビテーションは気になる脂肪にダイレクトに働く施術ではありますが、過信しすぎて運動を怠るとせっかく溶かした脂肪が燃焼できずに、また固まってしまうことが考えられます。キャビテーションと運動はセットだということを忘れずに、体を動かすようにしましょう。
しかし逆に、過度な運動も困りもの。家庭用キャビテーションマシンは簡単に使える機器ではありますが、キャビテーション後は体が脂肪を代謝させようと働き、血流も良くなっているため、意外に疲れやすいものです。いつもの調子で激しい運動をすると、早くバテてしまう可能性も。体調を見て、こまめに水分補給をしながら運動するようにしましょう。

食べ過ぎや脂・糖分をとり過ぎる食事

せっかくキャビテーションをがんばっても、2時間以内に脂っこいものや甘いもの、炭水化物を食べてしまったり、2時間以降であっても、いつも以上にドカ食いしては元も子もありません。「キャビテーションで効果がなかった」という人の多くは食べ過ぎて失敗しているので、くれぐれもご注意を。

筋肉太りにはキャビテーションが向いている!

エステサロンや家庭用美容機器のキャビテーションには、脂肪だけにダイレクトにアプローチし、筋肉や血管、骨などには作用しないという特徴があります。つまり、霜降り状態の筋肉太りの人の腕や脚にも、脂肪だけにアプローチして乳化させ、排出しやすい状態にすることが可能なのです。柔らかい脂肪がついた人よりも時間はかかるものの、施術を繰り返すうちに徐々に変化が現れてくるでしょう。筋肉太りの人がより早くキャビテーションの効果を実感するためには、さまざまな太り方を熟知したエステサロンに任せるか、こまめに自分のペースでお手入れができる家庭用キャビテーションマシンを使用するのがおすすめです。

家庭用の場合、適しているのはヤーマンの「キャビスパ」と、専用の美容ジェルであるレイボーテの「パールスキンボディジェル」の組み合わせ。ジェルによりマシンのすべりが良くなって確実に狙った部分にあてられることに加え、通電しやすくなるので、筋肉太りの方にはうってつけの方法だといえるでしょう。パールスキンボディジェルには天然パパイン酵素と大豆種子エキスが配合されているので、もちもちとした透明感のある肌に仕上げる効果にも期待できます。

まとめ

じっくりとお手入れすることが必要な筋肉太りにこそ、家庭用キャビテーションマシンがおすすめ。これと並行して、部分痩せの効果をアップさせるためにもアウターマッスルを鍛える無酸素運動は控えるようにした方がいいでしょう。脂肪の燃焼を助けるジョギングやウォーキング、スイミングなどの有酸素運動を選ぶのがおすすめです。